タグ: インバウンド

中国向けライブ配信やウェブサイト、中国への情報配信を高速化・最適化するサービス。

観光ホテルは、インバウンドの需要回復に向けて何を準備するべきか。

国内外含め、日本における観光業は今後日本経済を支える大きな一つの産業であり、雇用や企業の創出、社会基盤の開発を通じて社会経済の発展を牽引する重要な役割を果たしてきているからです。
少し古い(2016年)データですが、観光消費(内部観光消費)は26.4兆円であり、観光消費がもたらす生産波及効果(直接効果を含む)は53.8兆円、このうちの付加価値効果は26.7兆円であり、これにより459万人の雇用効果があると言われています。2016年時点で日本の産出額の5.4%、GDPの5.0%、就業者総数の6.9%に相当するのです。
更にコロナ禍の影響を受ける2020年春までは、これらの数値は右肩上がりで伸びてきています。

アヤナ リゾート&スパ バリ|中国マーケティング強化

アヤナリゾート&スパ バリは、ジンバラン湾に面したクリフトップの90ヘクタールの広大な敷地に広がる、数々の栄誉ある賞を受賞しているワールドクラスのデスティネーションリゾートです。
魅惑的なサンセット、オーシャンフロントの絶景、白砂の美しいビーチなど極上リゾートのすべてを兼ね備えた素晴らしいロケーションと幅広いサービスを中国に向けて「旅マエ情報」として視覚的にダイナミックに伝えられるサイトにしたいと考え、ChinaSPEEDを導入していただきました。

中国マーケティングにおけるウェブサーバーについて

一般的に中国から日本のウェブサイトにアクセスした
場合、ページ全体の読み込みに長い時間がかかったり、表示されたとしても画像や動画などいくつかのリソースが表示されない場合があります。
例えば、ページ全体の読み込み時間(Loading Time)が東京で10.2秒に対し北京では27.4秒となっています。また、この数値の下のPage SizeやResourcesを見ると、それぞれ東京の数値より少ない数値が表示されているのが分かります。これらは、本来の全てのウェブパーツが読み込まれていないことを教えてくれます。

訪日旅行市場の需要回復局面に備える

2019年の訪日外国人数は3188万人で、直接的な消費額は4兆8000億円とされており、二次波及効果も加えた総効果は9兆4000億円と経産省は分析しているようです。
まだまだ新型コロナウイルスの終息が見えない中で、訪日外国人の需要回復には少し時間がかかりそうですが、そんな中でもその時のための準備を怠っていてはいけないようです。
株式会社日本政策投資銀行と公益財団法人日本交通公社が共同で行った「訪日外国人旅行者の意向調査」で、以下のようにまとめられています。

UMEDA-SC(阪急電鉄株式会社不動産部)

中国人観光客は、日本における観光産業とその関連事業を推進する強力な力です。 2019年だけでも、中国人観光客が日本での海外旅行者の総支出の36%以上を占めています。

今の日本経済にとって中国人観光客は、梅田に限らず日本の多くの観光関連事業にとってとても重要な顧客となっていることは、誰もがご存知の通りです。