投稿者: ChinaSpeed

中国向けライブ配信やウェブサイト、中国への情報配信を高速化・最適化するサービス。

Shopify Plusは中国でも使えますか?

もし Shopify に興味を持ち、中国市場にも興味があるのであれば、ぜひこの記事を読んでいただきたい。
この記事では次のことを説明します。「中国でのEコマースの背景」「中国国内外の顧客に販売したいと考えている企業にとって、Shopify Plus がどのように幅広いマーケティング戦略に適合するか」「中国での Shopify Plus サイトの仕組み」「既存の Shopify Plus サイトを中国で使えるように最適化する方法」
Shopify Plus について書いてますが、ベーシック/スタンダード/プレミアムという通常プランをご利用の場合でも同じことが言えます。

MoodleやCanvasは中国でも使えるのか?2021年の中国におけるLMSの完全ガイド

最近様々な学校でオンライン授業が行われていますが、コロナ禍だからというマイナスの意味以外に、日本が抱える社会問題に対する大きなソリューションにもなり得る可能性を感じます。
近い将来、オンライン留学なんて言葉が生まれてくるかもしれませんね。
ところで学校の授業で使われるMoodle、Canvas、Blackboardなどの学習管理システム(LMS)、これも中国からではうまく活用することができません。
インターネット環境によって、教育に差が生じてしまうのはダメですよね。
こちらの記事を読んでChinaSPEEDのご利用を検討してみてください。

WWWドメイン(非Apexドメイン)でのChinaSPEEDの利用について

ふだん何気なく決めてしまっているウェブサイトのwwwありかなしか。
運用によってはちょっとめんどうなことになります。
CDNなどを利用する場合、一般的にはウェブサイトで使われるwww.website.comにCNAMEレコードを設定することで利用できます。
しかしwwwなしでウェブサイトを運用していた場合、wwwなしのwebsite.comにはCNAMEの設定ができません。
CNAMEは他のレコードとの共存ができないのですが、wwwなしのドメイン名には必ずNSレコードやMXレコードなどが設定されているからです。

中国最大級旅行メディア”马蜂窝”から観光地サイトへの流入を逃していませんか?

「马蜂窝(マーファンウォー / Mafengwo)」は登録者数1億3,000万人、月間のアクティブユーザー数8,000万人の中国最大級の旅行ポータルサイトです。航空券や宿泊施設、レンタカーなどの手配はもちろん、旅行の口コミサイトとしても非常に人気が高く、毎月約1,000万件の口コミが投稿されています。また、ブログ形式での投稿も可能で、そのブログに対し自由にコメントすることもできます。訪日中国人の80%以上が利用経験があり、旅行に行く前だけでなく、行った後の多くの中国人にも活用されています。

ChinaSPEEDはどのくらい速いのか?

「多機能なShopifyの中国への越境ECを機能させる!」でも書きましたが、CDNを利用しても中国におけるウェブサイトの表示速度を改善することはできません。

ではなぜCDNではなくChinaSPEEDなのか?
実際にAzureやAWS Cloudfront、Alibaba Cloud、Google Cloud、Claudflare、Akamaiとの中国におけるパフォーマンスの比較をしてみましたので、ぜひご覧ください。
今回は簡単な画像表示のテストですが、中国では表示できないコードの問題もあることを忘れてはいけません。
これもウェブサイトの表示速度に悪影響を与えるのです。

Apexドメイン(非WWW)でのChinaSPEED利用について

最近海外向けコンテンツ配信にCDNをご利用されるケースが増えてきていますよね。
ただ、ご存知でしたか?
CNAMEレコードは、複数設定することや別のレコードと共存することができないのです。
一般的にCDNを利用する場合CNAMEレコードを設定するのですが、Apexドメイン(wwwなし)ではこのCNAMEが利用できません。
なぜならばApexドメインには、nsレコードや、txtレコードなどCNAMEレコード以外のレコードが必須だからです。
それゆえそぞれれのCDNプロバイダーは、Aliasレコードという機能を実装しこれを回避しています。

Googleアナリティクスは中国でも使えるのか?

googleドメインへのアクセスが制限される中国において、Googleアナリティクスが機能するのかどうか、とても気になるところですよね。
中国語コンテンツを作成しているのであれば当然のことです。
結論、「微妙・・・」です。
機能しているようでもあり、そうでないふうでもある。
まぁ当てにならないということですね。
Googleアナリティクスを気にする前に、そもそも中国からウェブが閲覧できるのかどうか、そのためにChinaSPEEDを使っていれば、Googleアナリティクスも完全に機能します。

ChinaSPEED Cloudflareの設定に関する一般的な問題のトラブルシューティング

最近ではCDNを活用し、グローバル配信を意識したウェブサイトが増えてきたようです。
しかし中国に限っては、CDNではコンテンツ配信を高速化できません。
そこで、グローバル配信にCDNを活用し、中国向けにはChinaSPEEDという合わせ技です。
運用をご検討の方、ぜひ参考にしてみてください。

WixサイトをChinaSPEEDで公開するには?

以下の手順は、GoDaddy DNS Managerを使用しているWixサイトに「www+cnameレコード」を設定して運用するためのものです。Cloudflareを除く他のDNSマネージャーやホスティングプラットフォームにも適用できます。ユーザーインターフェースは異なる場合があります。

ホスティングをWixと統合している場合は、Wixレコードの修正方法を説明します。

他のプロバイダー(例:GoDaddy、NameCheapなど)でホスティングを管理している場合、以下の方法で対応できます。

Zoomでのライブ配信をChinaSPEEDで実施するには?

ライブ配信のイベントを控えていますか?
ライブ配信をChinaSPEEDで実施するための簡単なステップをご紹介します。