ChinaSPEEDはどのくらい速いのか?

中国向けライブ配信やウェブサイト、中国への情報配信を高速化・最適化するサービス。

ChinaSPEEDはどのくらい速いのか?

「なぜCDNではなくChinaSPEEDなのか?」という質問を受けることがよくあります。

今回は、ページ上のリソースに関係なく、コンテンツ配信の速さを知りたい方にも満足していただけるよう、一連の定型的なテストを行いました。このテストでは、様々なコンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)に70~80KBのサイズの画像を保存し、一定期間に渡って繰り返しロードしました。

北京、上海、広州、フフホト、成都の各都市で同じテストを行いました。1週間にわたり、10分ごとに、他のさまざまなCDNとChinaSPEEDを使って、画像のロード時間を測定しました。

ここからは、「ChinaSPEEDはどのくらい速いのか?」という質問にお答えしていきます。

※Chinafy=ChinaSPEEDです

中国のデータスループット

まず、20ポイントの移動平均を表示してデータを平滑化します。ぱっと見ただけでも、ChinaSPEEDを表す赤い線が他のCDNよりも大幅に高く、最大で30倍の速度が出ていることがわかります。ChinaSPEEDは他のCDNに比べて頭一つ抜けており、次の階層にはAWS CloudfrontとAzureがあり、どちらもほぼ同じ値を示しています。次の階層にはAlibaba CloudとGoogle Cloudがあり、最下位にはAkamaiがいます。CloudflareとFastlyはともに最低レベルの間で変動しています。

ChinaSPEEDは、24,900 Mbps(バイトではなくビット)前後で比較的安定しています。短時間でスループットが低下するものの、達成される最大速度と最小速度は中程度の範囲内でやや安定しています。

中国のデータスループット

このデータを別の視点から見ると、パフォーマンスの分布、つまり一貫性が見えてきます。ここでも、ChinaSPEEDのスピードが他を圧倒していることは明らかです。ChinaSPEEDの下限値は他のCDNの上限値を上回っています。

では、具体的な都市ごとに見てみましょう。中国の主要都市である上海と北京のデータをご紹介します。

北京のデータスループット

ChinaSPEEDの北京の中央値パフォーマンスは 25,300Mbpsと最も高く、最も低い値であるわずか1,300 MbpsのAkamaiの約20倍になります。また、テストした他のCDNとは異なり、ChinaSPEEDは100%の確率で2,000Mbps以上を維持していることがわかります。

北京のデータスループット

北京では、ChinaSPEEDの中央値が25,300Mbpsと最も高く、Google Cloudは1600Mbpsと最も低い値となっています。

上海のデータスループット

北京と比較して、上海のデータスループットは安定していません。他のほとんどのCDNでは、北京のデータにはない大きな振動が見られます。読み込み速度のパターンは、上海のデータにも見られます。ChinaSPEEDの速度も北京と同様の変動幅を持っています。四分位範囲(データの散らばりを表す指標)はAWS CloudfrontとFastlyの範囲に近いですが、はるかに高速化されています。

上海のデータスループット

同じデータを、修正されていないデータを使ってボックスプロットで表示してみました。ChinaSPEEDの上位四分位値と下位四分位値はAWS Cloudfront と類似しており、中央値の速度は2番目に優れたものとなっています。Akamaiは中央値がわずか1,353 Mbps であるのに対し、ChinaSPEEDは23,900Mbps です。

さて、タイトルの質問の「ChinaSPEEDはどのくらい速いのか?」に対する答えは何でしょうか?データを見れば一目瞭然ですね。

Tags: